折形って知ってますか?

wikipwdiaによると、
折形(おりがた)は、贈答や室礼などの際に用いられた、
紙を折って物を包む日本の礼儀作法の1つ。
とのことです。

日本人なら知っておきたい作法や、
おもてなしにすぐに使える簡単な折形を知りたくないですか?


今回は、お正月向けの折形を3種類!

1つ目は、松飾りの代わりになる木の花包み
2種類の和紙を使って折ります。南天を入れて少し可愛くしてみます。

マンションの玄関など、大きな松飾りは難しいお家にもピッタリですよね。

2つ目は、箸袋。黒文字とか楊枝も入る形です。

縦に置いても、横に置いても。

3つ目は、鶴のお年玉袋

とっても可愛いので、使うのがもったいない位ですが(笑)、渡したら喜ばれますよね♪

講師は、山上珠紀が担当します。

コース詳細
受講場所
  • 講師自宅教室:埼玉県川口市北原台1丁目
    JR武蔵野線「東川口」駅 徒歩10分
    埼玉高速鉄道(地下鉄南北線直通)「東川口」駅 徒歩10分
  • 浦和リーバルカフェ
    さいたま市浦和区岸町4-6-2 JR浦和駅から徒歩6分
    駅からの道順はこちらです。
日程 12月2日(日)13:30~16:30@リーバルカフェ
12月4日(火)13:30~16:30@自宅教室(午前はお正月の水引レッスン)
レッスン内容
  • 折形とは何かの説明
  • 松飾り(木の花包み)の作成
  • 箸袋の作成
  • 鶴のお年玉袋の作成
  • ティータイム
レッスン料
6,000円
お支払方法 当日レッスン開始前にお願いします。
(当教室のレッスンが初めての方は、事前お振込をお願いします。お申し込み後に詳細 をご連絡します。)
*講師自宅には犬がいますので、アレルギーの方や苦手な方はご迷惑をおかけするといけませんので、申し訳ございませんがご遠慮下さいませ。
*gmailからご連絡させて頂きますので、携帯の方は、受信可能な設定にしておいてください。
キャンセルポリシーはこちらから